酵素ダイエットが置き換えダイエットでは最も人気

現代は飽食の時代といわれます。

それに若い人が食べているものなどを見ていると食事の質よりも量のような感じを受けます。

現代は野菜をとっても昔よりかはビタミンの含有量も少なくなっていると言われます。

お腹を満たすために特に若い人などは量を食べます。

「食べすぎは万病のもと」とはよく言ったものです。

「食べすぎ」とは消化のメカニズム的にはどのような状態を言うのでしょうか?まず、消化酵素の働きは胃で消化された食べものを腸にて消化します。

そして代謝をはじめますが、あまりに量を食べ過ぎると消化酵素が大量に必要になり、本来なら消化後代謝されて栄養分となるはずの物質が、栄養になりきらずに食べ物のかすや脂肪分となって体内に残ります。

消化はしたものの身体にとって良い状態で吸収されることがなく、そのまま体内にとどまってしまうことになります。

このとき食べ物カスや脂肪分と同じく残った過剰な水分はどう処理すればいいのでしょうか?はっきり言って排泄をすればいいだけのことですが、これをせず新たに食べてしまうといつまで経っても代謝のための酵素は足りずに不足状態が繰り返されます。

未消化な食物がまだ体内に残っているのに、また新たな食べ物を消化、吸収しなければならないので酵素の生産は予定数オーバーです。

そうなると入ってきた食物は十分に消化・吸収がされなくなります。

食べすぎを押さえるのはまず食べないことが第一です。

しかし、健康体の人間がまったく何も食べないとなるとかなりの苦痛だと思いますので食事の代わりになるものを入れてあげればいいことになります。

また、それは固形物である必要はありません。

近頃注目されているのが「酵素ドリンク」であり、これはダイエットのためというよりは、食事から食事までのインターバルを開けて胃を休めるためだったのです。

それに栄養がぎっしり凝縮されています。

理想的なのは朝は排泄の時間として固形物は食べないことです。

そして酵素に次の消化・吸収の準備時間を与えます。

そして昼からは野菜を多めに摂ることで栄養のバランスが取れてきます。


いわゆる「プチ断食」がオススメです。


Copyright(c) 2013 おいしい酵素ドリンクはどれですか?【美味しい酵素飲料あります】 All Rights Reserved.