スーパーオータカ

スーパーオータカの発売元である大高酵素は北海道小樽市を本拠地とした健康飲料メーカーで、創業が大正15年という老舗です。

そのような時代だったにもかかわらず、初代創設者は日本ではじめて酵素ドリンクを発明し、商品化していたのですね。

今のように健康や美容産業が発達し、健康や美容の流行やブームに乗るわけでもなく、独自の研究で「酵素」に着目し商品化した事実にはほんとうに頭が下がります。

パッケージからしてちゃらちゃらした印象は全くなく、質実剛健な印象を受けます。

「生きた健康飲料」というキャッチフレーズで展開されている「スーパーオータカ」は50種類もの野菜、果物、海藻、キノコ、木の芽などから作られています。

食事ではとても一度に摂ることが出来ない種類の植物のエキスを独自の特許製法で抽出し、そして6ヶ月もの長い間、発酵させます。

日本で始めて酵素ドリンクを発売した会社ならではの独自製法ですので、特許を取っており追随する他のメーカーには真似が出来ません。

こうすることで細胞壁の固い植物からもエキスを抽出することが出来、人間の体内に入り消化を助けるだけではなく新陳代謝をはじめとする体内の活性化に役立つのです。

また体内の活性化ということは女性にも嬉しいデトックス、肌のターンオーバーも活発にします。

その結果、お肌も見違えるほどにきめが細かくなります。

このように体内酵素の量を正常に保つだけで身体のすべてが活性化され、サプリメントなどに頼っていた人もいつのまにか飲まなくて良くなります。

まさにキャッチフレーズ通り「生きた健康飲料」なのです。

スーパーオータカに関連する記事一覧

Copyright(c) 2013 おいしい酵素ドリンクはどれですか?【美味しい酵素飲料あります】 All Rights Reserved.